借地権の売買

土地家を建てることや、事業所を開く際に、必要な土地を借りることがあります。この、土地を借りる権利を借地権といいますが、この権利は借り手が売買することや、相続することができます。

ただ、借地権と一口に言っても、権利にはいろいろな種類があります。大まかには、平成4年8月以前の旧法によるもの、それ以降に施行された新法によるものですが、違いは土地の用途についての定義です。

旧法では、借りた土地に建てる建物の種類によって、契約期間が決まっていました。木造であれば30年以上、鉄骨であれば20年以上と、長い契約が結ばれます。しかし新法では、家を建てる場合と事業所を開く場合、駐車場にする場合など、土地の用途によって細かく契約期間がわかれ、地主の権利が強くなっています。

また、新法の場合、借りた土地は契約終了時に更地にする必要があることもあります。借地権の買取が要求できない場合もあるなど、ケースバイケースで単純にはいかないのが、借地権の売買の特徴といえるでしょう。

土地の相場も時代によって変わりますし、個人的な事情も大きく関わってくるのが借地権の売買です。特に相場に関しては、建物の扱いなどもあるので、不動産会社では査定ができない例もあります。では借地権の売買は、どんな業者に依頼すればよいのでしょうか。このサイトでは、借地権の売買について詳しくご説明しています。売買を考えるとき、まず誰に相談すべきか、誰が一番の権利者であるのか、気になる方はぜひご覧になってください。