借地権を売るには

借地権とは、文字通り土地を借りる権利のことです。家や事業所を建てる土地を、購入するのではなく、借りることは珍しいことではありません。ではその家や事業所を移りたいと考えたとき、土地はどのように扱えばよいのでしょうか。

多くの人は、借り手は借地を売買できないものと考えがちです。しかし借地権には、売買する権利も、相続する権利も含まれています。借地であっても販売して、新しい家や事業所の建設費用の足しにすることは、可能なのです。

相談借地権を売買する際に、必要なのは地主に許可です。土地所有者の許可なしでは借地を売ることはできないので注意してください。また、借地の買い手として最も優先されるべきであるのも同様に地主です。販売を考えたときは、まず地主に相談してみましょう。

また、不動産屋などの第三者に販売することも可能です。しかしそれができるのは、地主が借地権の買取をしないことが明確になったときのみです。地主には、借地の売買に介入する権利があるからです。

このように、借地の売買には法律や個人の意向が大きく関わってきます。なるべく個人での手続きはやめて、専門の業者に任せた方がよいでしょう。また、平成4年8月以降に定められた新しい借地法での契約では、借地権の買取を要求できない場合もあります。いずれにせよ、専門業者への相談が適切といえます。

 

 

底地取扱店を利用する

家借地権を売買する際に、最も頼りになるのが底地取扱店です。よく、土地の売買なので、不動産会社に頼むことがありますが、この場合には金額が多めにかかってしまうことがあります。

地主に承諾を得るための譲渡承諾料や、借地の名義を換える際にかかる名義変更料などです。また、借地の売買には、一般的にはですが、相場がないことがほとんどなので、不動産会社の査定がうまくいかないこともあります。

そこで活躍するのが底地取扱店です。底地とは、借地権が設定された土地をいいます。つまり、土地を借り、建物を建てたりして利用できるのが借地権で、これは土地の借り手が担保しています。しかし土地そのものの所有者は地主であり、その権利のことを底地権というわけです。

借地の売買の方法としては、借地権を地主に買い取ってもらう方法や、借地権と底地権を交換する方法などがあります。いずれも底地取扱店には、充分なノウハウがあるので、それぞれが納得できる方法を提示してくれるでしょう。家賃相場や近隣の状況を踏まえての相場査定も、底地取扱店のほうがうまくいきます。ちなみに、借地権売買について相談を受け付けている借地買取りドットコムでは、正確な知識でご案内をしてもらうことが可能です。こちらも参考にしてみてください。

借地権はトラブルも多く特殊な物件であるが故、売買に関しては専門会社を選ぶことが大変重要です。ピタットハウスの借地権取扱店として、正確な知識 とノウハウで安心の借地権売買をご提供致します。

ただし、相場も店によってさまざまになる場合があります。借地権の売買を考える際には、いくつかの底地取扱店に相談して査定額を尋ね、最も納得できる業者を選ぶことが大切です。


借地権の売買

土地家を建てることや、事業所を開く際に、必要な土地を借りることがあります。この、土地を借りる権利を借地権といいますが、この権利は借り手が売買することや、相続することができます。

ただ、借地権と一口に言っても、権利にはいろいろな種類があります。大まかには、平成4年8月以前の旧法によるもの、それ以降に施行された新法によるものですが、違いは土地の用途についての定義です。

旧法では、借りた土地に建てる建物の種類によって、契約期間が決まっていました。木造であれば30年以上、鉄骨であれば20年以上と、長い契約が結ばれます。しかし新法では、家を建てる場合と事業所を開く場合、駐車場にする場合など、土地の用途によって細かく契約期間がわかれ、地主の権利が強くなっています。

また、新法の場合、借りた土地は契約終了時に更地にする必要があることもあります。借地権の買取が要求できない場合もあるなど、ケースバイケースで単純にはいかないのが、借地権の売買の特徴といえるでしょう。

土地の相場も時代によって変わりますし、個人的な事情も大きく関わってくるのが借地権の売買です。特に相場に関しては、建物の扱いなどもあるので、不動産会社では査定ができない例もあります。では借地権の売買は、どんな業者に依頼すればよいのでしょうか。このサイトでは、借地権の売買について詳しくご説明しています。売買を考えるとき、まず誰に相談すべきか、誰が一番の権利者であるのか、気になる方はぜひご覧になってください。